おでかけ

とうろう流しと大花火大会2020の有料席は?駐車場や会場・屋台についても紹介!

とうろう流しと大花火大会

福井県内で一番人気のとうろう流しと大花火大会 !

この記事では、とうろう流しと大花火大会2020年の有料席について・花火大会の開催情報や駐車場・屋台などについて紹介していきます。

福井県敦賀市の松原海岸でで行われる花火大会で、県外からも多くの人が集まります。

とうろう流しと大花火大会2020年を、混雑に巻き込まれず落ち着いて花火をみたい方はぜひ有料席がおすすめです!

とうろう流しと大花火大会について

とうろう流しと大花火大会は、福井県敦賀市の松原海岸でおこなわれている花火大会です。

福井県内では一番人気のある花火大会で、海上から13,000発の花火が1時間かけて打ち上げられます。

とうろう流しは戦没者慰霊や先祖供養のために、6,000個ものの灯篭を海へ流す儀式です。

とうろう流しと大花火大会2020の開催日はいつ?

とうろう流しと大花火大会は2020年8月16日(日)に行われます。

花火の時間・・19時30分~20時30分
とうろう流し・・18時30分から

毎年8月16日に行われていますが、2019年は台風の影響で中止になりました。

敦賀市観光協会に問い合わせしたところ、2020年のとうろう流しと大花火大会はコロナの影響で中止になる可能性はあるようです。変更があったら追記していきます。

とうろう流しと大花火大会の会場・打ち上げ場所

会場・・気比の松原

打ち上げ場所・・松原海岸沖合(福井県敦賀市松島町)

とうろう流しと大花火大会へのアクセス

会場の気比の松原の所在地は、福井県敦賀市松島町33です。

≪車の場合≫

北陸道敦賀ICから車で約15分。JR敦賀駅周辺の無料臨時駐車場までのアクセスです。

北陸自動車道敦賀I県道210号線JR敦賀駅周辺の無料臨時駐車場気比の松原へ到着

≪電車の場合≫

JR北陸本線敦賀駅無料シャトルバス15分気比の松原へ到着

とうろう流しと大花火大会の地図

とうろう流しと大花火大会の駐車場

JR敦賀駅周辺に無料臨時駐車場2,000台があります。

無料臨時駐車場からは無料シャトルバスで会場へ行けます。

しかし車の場合は混雑が起きますので、公共交通機関の利用を推奨しています。

とうろう流しと大花火大会の屋台

とうろう流しと大花火大会の屋台は10件程度の小規模です。定番のやきそばやたこやき・かき氷などの屋台があります。

混雑してなかなか買うことができない可能性があるので飲食は持参してくといいです。

とうろう流しと大花火大会の有料席について

とうろう流しと大花火大会の有料席は敦賀市民だけに販売されています。

敦賀市民以外は、宿泊ホテルや旅行会社のバスツアーセットで有料席を購入することができます。

宿泊ホテルやバスツアーで有料席を検討している場合は、敦賀観光協会に問い合わせると、宿泊ホテルやバスツアー会社を教えてくれます。

敦賀観光協会の電話番号 0770-22-8167

また、クラブツーリズムというサイトをみると花火ツアーのプランが掲載されているのでみてください。

有料席をとれるバスツアー会社

2020年はHIS 関西版のみ有料席のバスツアーがありました。(出発地・梅田、料金大人1人9,980円)

2020年のとうろう流しと大花火大会の有料席ツアーが掲載されていたら追記していきます。

例年は、読売旅行・カッコーパルック(名古屋)・たびらい・名鉄バス観光ツアーなどでもバスツアーありました。

とうろう流しと大花火大会を無料でみれるスポット

とうろう流しと大花火大会は海岸沿いで観賞することができます。

その他、少し離れたところに花火鑑賞ができるスポットがあるので紹介していきます。

・松原公園
・天筒山展望台
・若狭湾エネルギー研究センター

とうろう流しと大花火大会を鑑賞できる宿泊ホテル

≪敦賀トンネル温泉 北国グランドホテル≫

所在地は 福井県敦賀市中80-1-3です。

温泉のある10階建ての建物です。

海岸から30キロと離れたところにありますが、十分満足してとうろう流しと大花火大会を鑑賞することができます。

毎年ホテルは人気があり満室になるので早めに申し込みをするといいです。

とうろう流しと大花火大会のまとめ

毎年8月16日に開催する福井県敦賀市の松原海岸でで行われる「とうろう流しと大花火大会」は県外からも訪れる人が多い人気の花火です。

敦賀市民以外の場合は有料席を宿泊プランやバスツアーのセットで販売しています。

屋台は10件ほどで少ないので、飲食は持参することをおすすめします。

無料駐車場もありますが、混雑が予測されるので公共交通機関を利用するといいです。

とうろう流しと大花火大会2020年について、今後新たな情報があった場合は追記していきます。