ライフ

まるっとパン(フライパン)の口コミは?くぼみで料理がおいしくなる理由も紹介!

まるっとパン 口コミ

まるっとパンでプロ並みのおいしい調理ができると宣伝されていますが、ホントでしょうか?

まるっとパンの安全性や使い勝手も気になります。

そこでまるっとパンの口コミや、料理がおいしくなる理由をしらべてみました。

またフライパンの安全性や使い勝手など、特徴もまとめているの参考にしてみてください。

まるっとパン(フライパン)の口コミはどう?

まるっとパンの口コミを楽天市場やTwitterでしらべてみました。

まだ口コミの件数が少なめですが、参考になる口コミ2件がありました。

テレビで見て即注文 重たいですが気に入ってます

出典:楽天市場みんなのレビュー

まるっとパン(フライパン)で料理がうまくなる特徴

まるっとパンがプロ並みの料理になるのはどうしてなのでしょうか?

まるっとパンで料理がおいしくなる理由と、どんな特徴をもっているのかまとめてみました。

対応熱源 IH・ガスコンロ 重量 980g
直径/深さ 24cm /8cm 原産国 日本(富山)
深さ 85㎜ 製造会社 北陸アルミニウム株式会社
幅/取っ手までの長さ 幅421㎜/85㎜ その他 蓋つき

まるっとパンで料理がおいしくなるワケ?

まるっとパンは、熱伝導にとても優れたフライパンです。

そのためおいしい料理を家庭でもつくることができます。

本体の材質は、熱の保持伝導がしやすい特別なアルミニウムを使用。

さらにフライパンのくばんた底の部分が、調理物を中心にあつめることによって、さらに熱伝導しやすくなります。

まるっとパンのホームページでは、卵料理やチャーハン・ホットケーキ・からあげなどがプロ並みにおいしくつくれると紹介されています。

安全性や耐久性はどう?

フライパンのテフロンがはがれていくと、体に害があるのではないかと心配になることはありませんか?

まるっとパンの品質は、安心安全と説明されています。

フライパンの内側のコーティングは、キズにつよく耐久性にもすぐれた高品質のテフロンを使用しています。

使い勝手はどう?

口コミにもありましたが、まるっとパンは重たいようです。

重さは980ありますので、一般のフライパンより重たく感じるかもしれません。

使い勝手の良さとしては、どんな分量でも料理をすることができることです。

少量の場合は、底のくぼみ部分で調理。大量の場合は、3L近くの調理物がはいります。

まるっとパンのメリット・デメリット

まるっとパンの特徴をメリットとデメリットにわけました。

≪メリット≫

  • 熱伝導が優れて、おいしい料理をつくることができる。
  • フライパン内部のコーティングは高品質のテフロン使用。安心安全に使用ができる。
  • 耐久性もよくキズができづらい。
  • 少量のときも大量のときも、料理をジャストサイズで使うことができる。

≪デメリット≫

  • おもさが980gあり、一般のフライパンより重たい。

まるっとパン(フライパン)の類似品の比較

まるっとパン以外にもいいフライパンはないか?と気になることあります。

そこで、まるっとパンの類似品で、人気のあるフライパンを比較したので参考にしてみてください。

レミパンプラス

耐久性やサイズ感がまるっとパンと似ている商品です。

重量は100gほど軽くできています。

価格はレミパンプラスほうがやや高めです。

レミパンプラスの特徴は3層コーティングが特徴。

1,000回こすっても卵がくっつかないといった、耐久性のよいフライパンです。

オールライト

オールライトもアルミニウムを使用。熱伝導にすぐれ、おいしく料理をつくりあげてくれます。

直径サイズが26cm、重量は1,010gとまるっとパンに比べやや大きくなります。

サーモスフライパン

サーモスのフライパンは耐久性にすぐれたフライパンです。

お値段はコスパですが、熱伝導はまるっとパンほどよくありません。

まるっとパン(フライパン)の口コミや特徴のまとめ

この記事ではまるっとパンの口コミをしらべました。

口コミの件数がすくなめでしたが、参考になる2件の口コミがあったのでよんでみてください。

まるっとパンで料理がおいしくできる理由は、材質やフライパンのかたちにより、熱伝導が優れているからです。

フライパンの内部のコーティングも安全性の高いテフロンを使用。耐久性も抜群です。

使い勝手は重量が980gと一般的なフライパンより重たいですが、少量のときも大量のときも料理をジャストサイズでつくることができます。

類似品の比較もしているので参考にしてみてください。